本文へ移動

みどり保育園の保育方針

「ここに生まれてよかった」
~本物の自然の中でたくましく育て~
暖かなの陽射しの中、かすかな雪どけの音ではじまる春…
若葉の萌え出る薄紙のようなきらめき
田んぼを耕すトラクターの響き、そして土のにおい
ぬるくなった水面には
山からのひばりのさえずりにあわせて踊るように泳ぐおたまじゃくしの群
 
どこまでも透き通った青い空の下、青々と育つ野菜たち
湧き出る水のそばには、なりたての蛙が休んでいる
満天の星に負けないくらいの蛍の点滅
水しぶきとともにはしゃぐ子どもたちの声
 
日に日に赤や黄色に色濃くなる葉っぱが
競い合うかのようにゆれている山々
敷き詰められた落ち葉の急坂を登りきると
大粒のどんぐりや松ぼっくりのじゅうたんが広がる
 
昨日までとは別の世界へといざなう初雪の朝
遠くの山へと続くウサギの足跡
背丈よりも高く積もった雪の上で真っ赤なほっぺで笑う
みどり保育園の子どもたち…
 
この地には、作り物ではない本物の自然が溢れている
自然の雄大さ、暖かさ、厳しさが
この地には根付いている

さあ、出かけよう! 楽しもう!
たくさんの感動を、驚きを、がんばる力を、
身近な本物の自然から教わろう!
 
保育園だからこそできる、みんなで協力する喜び
人や、物や、本物の自然との出会い触れ合いを大切に
子どもも大人も育ちあう毎日を

自分の考えを出しきって遊べる日々
けんかをしたって、いつかはわかりあえるともだち
悔しくて泣いた心は、
たくましい自分になるための準備運動
 
大人への階段の途中は忘れてしまう
小さい頃の自分
でもいつか、大人になった、かつての子どもたちは思い出すはず
あの自然の中で過ごしたみどり保育園での日々が自分の土台だ、と。
そして言うはず
 
「この地(ここ)に生まれてよかった」…と。
社会福祉法人玉米福祉会 みどり保育園
〒015-0221
秋田県由利本荘市東由利舘合字向田76-1
TEL.0184-69-2131
FAX.0184-69-2161
・一時預かり
・学童保育
0
3
0
3
9
3
TOPへ戻る